南通市に住む

南通引っ越し時、現地調達出来る物が分からず私自身が悩んだので、(価格交渉など言葉のやり取り無しに)スーパーで買えるものなどを紹介しています。

お米

なくてはならないお米。

 

東北米は割と普通に食べられるよと聞いて、

北の産地ほど良いのかなと、スーパーで一生懸命探して買ってはみたものの…

そういうことでは無かったようです。

 

こちらで売っているお米は、 パッケージは同じでも、中身の産地がそれぞれ 有るようで、

購入時は、【生産日(数字)】括弧内の数字が産地コードなので、袋の裏の産地一覧の番号に照らし合わせて確認する仕組み。

f:id:rcafe:20170217104715j:imageこちらは番号が(101)でしたので、


f:id:rcafe:20170217105417j:image裏で確認すると江蘇省のお米。

 

数あるお米は色々食べて自分に合うものを見つけるしかありません。

値段や産地に惑わされてはいけません。

 

 f:id:rcafe:20170217110030j:image上記パッケージの水晶米は粒はこんな感じ。

 日本式の管理が採用されていると書いてあります。

 

パッケージには美味しく炊く方法が書いてありますが、

個人的には、日本で一般的に推奨されている方法で炊く方が合いました。

 

どのお米を買っても感じるのは、粒の水分含有量が少ないので、普通に炊くとパラパラしたご飯が出来上がります。

チャーハンやピラフが上手に作れるという点ではメリット。

お好みで炊くときの工夫は必要になるでしょう。

 

うちでは毎回お鍋で炊いていますが、

日本の高性能な炊飯器が有れば、

お米の粘りを引き出して炊くモードが有るはずなので、炊飯器の性能を存分に楽しめるのではないかと思います。

 

価格ですが、

5kgで20元前後から、30-50元程度の商品が多く並んでいると感じます。

いずれも日本より安いので、家計に優しいです。

 

あとは、量り売りもあります。

大きな台にむき出しのお米が大量に入っており、自分の好きな量だけ袋に詰めて購入出来ます。

日本ではまず見られない販売方法なので、

初めて見たときは驚きました。

 

3/16追加

113江苏省盐城市のお米

f:id:rcafe:20170316121850j:image今まで食べた中で一番日本のお米に近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする