南通市に住む

南通引っ越し時、現地調達出来る物が分からず私自身が悩んだので、(価格交渉など言葉のやり取り無しに)スーパーで買えるものなどを紹介しています。

店舗情報:乐天玛特 (lè tiān mǎ tè)

「ロッテマート」は韓国の事業者が展開する お店です。

しかし現在、営業停止しております。

 

理由は先日のあの件です。

 

色々と思うところはあるでしょうけども、

世界が平和に丸く納まらないものですかね。

 

4/4時点でのロッテマート南通店は営業停止しておりましたので、お気を付けください。

 

 

アイス(赤豆棒冰)〈chì dòu bàng bīng〉

あずきバーな訳ですが、
f:id:rcafe:20170406092312j:image

赤豆の粒は先端に集中しており、味が濃いのも先端のみ。

ポジティブに捉えれば、サッパリとした味。

 

着色料は無添加ですが、

その他添加物はたっぷりと入っております。

f:id:rcafe:20170406092635j:image価格は20本入りで20元。

文句は言えない値段です。

 

日本の有名なあずきバーは完全無添加で、

粒をまんべんなく混ぜて固める技術はさすがだなと、

改めて感じてしまいました。

 

 

 

野菜(空芯菜)

f:id:rcafe:20170405170122j:image空芯菜の葉は細めで先が尖っています。


f:id:rcafe:20170405170234j:image

名前の由来はこれでしょう。

茎の中が空洞です。

ストローの様にはっきりと空洞です。

春菊でも中が空洞になっているものが有るので、葉の形と合わせて覚えておくと良いですね。

 

旬は夏のようですが、年中売られています。

 

炒めものやお浸しなど、加熱してから食します。

広告を非表示にする

散歩道

南通の道路は整備され、

ゴミもこまめに掃除されていて、

道路脇の植え込みは公園の様にきれいに剪定されている所ばかりです。

この点は日本よりきれいだと感じます。

 

大小たくさんの公園が有るので、

お散歩するのが楽しいです。

 

今はいたるところに菜の花や桃、椿などたくさんの花が咲いています。桜はそろそろ終わりです。

f:id:rcafe:20170401112739j:image
どれも色が濃くてとてもきれい。

 

 

南通はとても治安が良いといわれています。

もちろん用心は必要ですが夜でも出歩けます。

夜散歩ならお堀の周辺が綺麗でしょう。

f:id:rcafe:20170401111546j:image


天気の良い日は、公園の植物や鳥の声を楽しみながら歩くと、とても気持ちがよいです。

f:id:rcafe:20170401104521j:image

 



 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

フローリングワイパー

持ってきて良かったフローリングワイパー。

こちらでも 売ってます。

大小さまざま、基本的には繰り返し洗って使える布タイプが多く、 使い捨てシートタイプはほとんどありません。

 

 

替えのシートは、今のところ韓国製のシートのみ確認できています。

f:id:rcafe:20170331081901j:image  f:id:rcafe:20170331082309j:image

シートに凹凸は無いので、汚れ落ちは本体の構造に左右されます。

日本のシートはやはり汚れの取れ方が違う。

良く取れますね。

 

ウェットタイプのシートが確認でき次第更新します。

 

水拭き専用タオルもありますが、

私は薄手のタオルをワイパーに付けて水拭きしています。

 

 THAAD問題で韓国製品がどうなっているか詳しくは分からないので、この取り替えシートもどうなることやら。

無くならないことを願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

野菜(茼蒿)

〈茼蒿 tóng hāo〉シュンギク

f:id:rcafe:20170328150350j:imageそろそろ旬が終わります。

 

私の知っている春菊は、葉がギザギザしているので、同じだとは思いませんでした。

品種が違うのでしょうね。

 

さっと茹でて食べてみたところ、

アイスプラントくらい塩味があります。

苦みもエグみも無く、香りはほんのり。

 

価格は1キロ2.8元程度。

 

この茼蒿も生で食べられるのでしょうか。

分からないので軽く火を通してから食べたいと思います。 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

味噌(2)

味噌が無くなったので近所のスーパーに買いに行きました。

日本食材コーナーで容器入りの味噌を見てみたけれど、棚の一番下でだいぶ時間が経ってます感満載で‥

冷蔵庫で売られている味噌を見に行ったら先日の騒動で今まであったマルコメの味噌が撤去されていました。。

なので、中国で作られている味噌を購入。

f:id:rcafe:20170328110302j:image f:id:rcafe:20170328111029j:image

原料は日本の味噌と変わらない。

この他に「赤みそ」や「ダシ入り味噌」もありました。

 

消費者の日で色々ニュースにするのは良いけれど、情報は正しく伝えて貰いたいものですね。

中国の地方ではただでさえ日本のものが選べないのに、間違った情報で撤去されてしまうのは困ります。

広告を非表示にする

豆腐

南通のスーパーで良くみる豆腐はほとんどが「充填豆腐」です。

容器は凹凸が有るので底に張り付き、豆腐がツルンと出て来ず。何度トライしても残ってしまうので止めました。

 

 今は「日式豆腐」を使っています。

カットされた豆腐が水と共に容器に入れられているタイプのものです。

f:id:rcafe:20170328100414j:image

撮る前に水を流してしまいました ‥

こちらの絹ごし豆腐もあります。

 

南通のスーパーで売られている豆腐で気を付けるべきは、このままで食べることは推奨されていないこと。

食用方法の所に[非即食]とあります。

f:id:rcafe:20170328100908j:imageこれは、

「加熱してから食べてください」ということ。

 

即食出来る豆腐も存在しており、f:id:rcafe:20170328102342j:image f:id:rcafe:20170328102355j:image

天津にいる友人(料理人)に教えて貰った時の豆腐の画像。

これらは 即食できる豆腐。

しかしこのあたりのスーパーでは探しても見つかりませんでした。

 

だいたい一丁400g前後で売られています。

価格は日式木綿だと6元程度。

充填豆腐なら1.8元程度から。

安いです。

 

追記

後から気が付きました。

充填豆腐はフィルムを剥がしてお皿に逆さにし、底から先の尖ったナイフ等で少しパックごと穴を開けると溝の部分までキレイに取れる事に。

プッチンプリンの要領ですね。

 

広告を非表示にする

麦酒(一番搾り)

キリン一番搾りの瓶ビール600mlが7.8元で売られていました。

安売りではなく、それが通常のようです。

 

f:id:rcafe:20170327103758j:image f:id:rcafe:20170327103817j:image日本品質。

アルコール度数は4.1%

 日本麒麟麦酒㈱監修とあるので、安定した品質なのでしょう。

麦酒が得意ではない私でも 飲みやすかったです。

 

こちらでは常温で飲むのが普通との事です。

中国語でビールは〈啤酒(pí jiǔ)〉

 

広告を非表示にする

ラップ・アルミホイル 他(8/21更新)

私はクレラップの切れ味が好きで、

f:id:rcafe:20170326013529j:image

日本からわざわざ持ってきたのです。

f:id:rcafe:20170326013657j:image
    このV字でスパッと切れる。

 

一度こちらの安いラップを使いましたが、箱が直ぐに分解してしまい、テープで補強しながら使う始末。

予め切れ目の入った箱無しのラップもあります(販売のお兄さんが実演で切って見せてくれました)。

 

日本から持ってこなくても現地クレラップありました。

f:id:rcafe:20170326021643j:image

クレラップと同じフィルム使用。

f:id:rcafe:20170326021757j:imageV字で箱も丈夫。

 

日本ではエコの為に箱無しのラップを専用のケースに入れて使えるものがありますね。

そのケースを持ってきておけば、こちらで安いラップを買って箱が壊れてしまっても、そのケースに入れて使えば良いので、あると便利だと思います。

 

アルミホイル

f:id:rcafe:20170327001111j:image

 こちらは厚手でとても使いやすい。

普通の厚さのもあります。

フライパン用アルミホイルは不明。

 

クッキングシート

f:id:rcafe:20170327001632j:image

こちらもしっかりしていて使いやすいです。

 

どれも刃は金属。

 昔の日本の金属刃と同じです。

 

(8/21追加)

f:id:rcafe:20170821094612j:image

旭化成のラップとクッキングシートもありました。

旭化成と言えばサランラップですね。

 

キッチン道具

包丁、まな板、フライパン、鍋、菜箸、お玉といったところでしょうか。

料理に必要な最低限の道具。

 

まず[包丁]

 中国といえば中華包丁のイメージ。

スーパーでもたくさん売られています。

が、慣れていないと使いにくいですね。

その中にも 一つか二つ、三徳包丁が売られています。 

選べるほどの扱いはありません。

 

[まな板]

こちらでは竹のまな板が沢山売られています。デザインも豊富で、私も一つ欲しいなと。

樹脂製、シートまな板や小さなフルーツまな板など、 選べます。

 

 

[フライパン]

やはり中華鍋の数は多いですが普通のフライパンもちゃんと有ります。

フッ素加工やダイアモンドコーティングのものなど価格は日本とさほど変わりません。

 

[鍋]

 片手鍋、両手鍋、蒸し鍋、土鍋やお粥用の鍋など、形、大きさ共に沢山有ります。

ステンレス製が多いです。

圧力鍋も有ります。

 

[菜箸など]

菜箸、お玉、ターナーなど、心配する必要の全くないほどの取り扱いです。

ピーラーもしゃもじも全部揃います。

 

食事をするときのお箸に関しては、長めで先の太いお箸がほとんどです。

先端の太さは割り箸や菜箸位。

 

 

先日、使っていた計量カップがダメになってしまったので色んなお店を探し回りました。

有るには有るのですが、どれも目盛りの位置がバラバラで、正確に計れないようなものばかりでした。

正確に計る必要がある料理をする可能性が有るならば、日本のものを使うのが良さそうです。

 

 

 追記

 「胡麻すり器」がどこに行っても見つけられません。南通のスーパー、上海の大丸やニトリでも見つかりませんでした。

すり鉢とすりこぎに相当するような竹の容器は売られていますが、中に筋はなく、摺るより潰すものです。 ナッツや漢方などはその道具で細かくするのでしょうか。

 

ごますり器は日本から持ってくるべきですね。

 

広告を非表示にする

野菜(アスパラガス)

野菜売り場は食の旬が感じられて楽しいです。

 

春のお野菜「アスパラガス」

 

f:id:rcafe:20170322200752j:image南通のスーパーにも少し前から並び始めました。

穂先がキュッと締まっているものを選びましょう。

 

中国語では〈芦笋〉です。

1kg約24元。

 

柔らかくて甘みもあります。

 

重曹

プレッツェルを焼こうと購入しました。

重曹(炭酸水素ナトリウム)です。

f:id:rcafe:20170322101257j:image中国語では〈碳酸氢钠〉

小麦粉を蒸かした菓子類を作るときなど、ベーキングパウダーだと黄色く色が変わってしまうときは、この重曹を使うと変色せずに作れます。

 

重曹を溶かした湯で豆腐を茹でるとトロトロなめらかになったり、野菜の灰汁抜きをしたり。

食品添加物として売られているものなら、食品から掃除まで幅広く使えるので便利です。

 

パッケージには重曹5%濃度の水に野菜や果物を3分間浸すと残留農薬が除去出来ると書いてあります。

掃除に使うときは20%濃度だそうです。

 

268g入り4.5元でした。

 

 

 

広告を非表示にする

トイレ洗浄剤

中国のトイレ、洗浄はレバーではなくボタンのようで、

家のはこんな感じ f:id:rcafe:20170322083856j:image

タンクの真上にボタンが付いてます。

レバーより楽だから日本の自宅のトイレもこれにしたいと思ってしまう。

 

タンク上部に水が流れないので、

置き型トイレ洗浄剤は使えない。

吊り下げタイプかタンクの中に入れるタイプが良いと思います。

 

引っ越し当初は中国の洗浄剤(水色は青)が入っていましたが、洗浄剤自体の匂いが強かったので、

私は日本から吊り下げタイプのものを持ち込んで使っています。

 

引っ越し先のトイレがレバーかボタンか分からないときは、どちらでも使えるタンクの中に入れるタイプが良いでしょう。

 

 

 

広告を非表示にする

柔軟剤

スーパーで売られている柔軟剤のメインはきっとcomfortなんでしょうね。

一番大きな面積を占めています。

日本でも売られていますね。

 

どれも香りが強く、量も多いので、覚悟して買う必要がありました。

f:id:rcafe:20170321135558j:image f:id:rcafe:20170321135621j:image

 買ってはみたものの‥

これはアロマオイルシリーズで濃縮タイプだった…

 

直接嗅ぐよりも洗った後は香りが和らいでいるかと思いきや、変わらない。とても強い。

柔軟効果としては、ゴワゴワした感じも無いので、発揮されているのだと思われます。

 

次買うときは白い赤ちゃんのパッケージのにしてみようと思いました。

白が人気の理由が分かった気がします。

 

もしかしたら、OMOという洗剤と一緒に使う方が香りの相性が良いのかも知れません。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする