読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南通市で自炊

南通の普段の生活品情報を記しています。この情報が南通に引っ越す方のお役に立てたら幸いです。

豆腐

南通のスーパーで良くみる豆腐はほとんどが「充填豆腐」です。

容器は凹凸が有るので底に張り付き、豆腐がツルンと出て来ず。何度トライしても残ってしまうので止めました。

 

今は「日式豆腐」を使っています。

カットされた豆腐が水と共に容器に入れられているタイプのものです。

f:id:rcafe:20170328100414j:image撮る前に水を流してしまいました ‥

こちらの絹ごし豆腐もあります。

 

南通のスーパーで売られている豆腐で気を付けるべきは、このままで食べることは推奨されていないこと。

食用方法の所に[非即食]とあります。

f:id:rcafe:20170328100908j:imageこれは、

「加熱してから食べてください」ということ。

 

即食出来る豆腐も存在しており、f:id:rcafe:20170328102342j:image f:id:rcafe:20170328102355j:image

天津にいる友人(料理人)に教えて貰った時の豆腐の画像。

これらは 即食できる豆腐。

しかしこのあたりのスーパーでは探しても見つかりませんでした。

 

日本の豆腐は一丁が150gや200g程ですが、

こちらのはどれもその倍はあります。

価格は日式木綿だと6元程度。

充填豆腐なら1.8元程度から。

安いです。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

麦酒(一番搾り)

キリン一番搾りの瓶ビール600mlが7.8元で売られていました。

安売りではなく、それが通常のようです。

 

f:id:rcafe:20170327103758j:image f:id:rcafe:20170327103817j:image日本品質。

アルコール度数は4.1%

 日本麒麟麦酒㈱監修とあるので、安定した品質なのでしょう。

麦酒が得意ではない私でも 飲みやすかったです。

 

こちらでは常温で飲むのが普通との事です。

中国語でビールは〈啤酒(pí jiǔ)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラップ・アルミホイル 他

私はクレラップの切れ味が好きで、

f:id:rcafe:20170326013529j:image

日本からわざわざ持ってきたのです。

f:id:rcafe:20170326013657j:image
    このV字でスパッと切れる。

 

一度こちらの安いラップを使いましたが、箱が直ぐに分解してしまい、テープで補強しながら使う始末。

予め切れ目の入った箱無しのラップもあります(販売のお兄さんが実演で切って見せてくれました)。

 

日本から持ってこなくても現地クレラップありました。

f:id:rcafe:20170326021643j:image

クレラップと同じフィルム使用。

f:id:rcafe:20170326021757j:imageV字で箱も丈夫。

 

日本ではエコの為に箱無しのラップを専用のケースに入れて使えるものがありますね。

そのケースを持ってきておけば、こちらで安いラップを買って箱が壊れてしまっても、そのケースに入れて使えば良いので、あると便利だと思います。

 

アルミホイル

f:id:rcafe:20170327001111j:image

 こちらは厚手でとても使いやすい。

普通の厚さのもあります。

フライパン用アルミホイルは不明。

 

クッキングシート

f:id:rcafe:20170327001632j:image

こちらもしっかりしていて使いやすいです。

 

どれも刃は金属。

 昔の日本の金属刃と同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチン道具

包丁、まな板、フライパン、鍋、菜箸、お玉といったところでしょうか。

料理に必要な最低限の道具。

 

まず[包丁]

 中国といえば中華包丁のイメージ。

スーパーでもたくさん売られています。

が、慣れていないと使いにくいですね。

その中にも 一つか二つ、三徳包丁が売られています。 

選べるほどの扱いはありません。

 

[まな板]

こちらでは竹のまな板が沢山売られています。デザインも豊富で、私も一つ欲しいなと。

樹脂製、シートまな板や小さなフルーツまな板など、 選べます。

 

 

[フライパン]

やはり中華鍋の数は多いですが普通のフライパンもちゃんと有ります。

フッ素加工やダイアモンドコーティングのものなど価格は日本とさほど変わりません。

 

[鍋]

 片手鍋、両手鍋、蒸し鍋、土鍋やお粥用の鍋など、形、大きさ共に沢山有ります。

ステンレス製が多いです。

圧力鍋も有ります。

 

[菜箸など]

菜箸、お玉、ターナーなど、心配する必要の全くないほどの取り扱いです。

ピーラーもしゃもじも全部揃います。

 

食事をするときのお箸に関しては、長めで先の太いお箸がほとんどです。

先端の太さは割り箸や菜箸位。

 

 

先日、使っていた計量カップがダメになってしまったので色んなお店を探し回りました。

有るには有るのですが、どれも目盛りの位置がバラバラで、正確に計れないようなものばかりでした。

正確に計る必要がある料理をする可能性が有るならば、日本のものを使うのが良さそうです。

 

 

 追記

 「胡麻すり器」がどこに行っても見つけられません。南通のスーパー、上海の大丸やニトリでも見つかりませんでした。

すり鉢とすりこぎに相当するような竹の容器は売られていますが、中に筋はなく、摺るより潰すものです。 ナッツや漢方などはその道具で細かくするのでしょうか。

 

ごますり器は日本から持ってくるべきですね。

 

野菜(アスパラガス)

野菜売り場は食の旬が感じられて楽しいです。

 

春のお野菜「アスパラガス」

 

f:id:rcafe:20170322200752j:image南通のスーパーにも少し前から並び始めました。

穂先がキュッと締まっているものを選びましょう。

 

中国語では〈芦笋〉です。

1kg約24元。

 

柔らかくて甘みもあります。

 

重曹

プレッツェルを焼こうと購入しました。

重曹(炭酸水素ナトリウム)です。

f:id:rcafe:20170322101257j:image中国語では〈碳酸氢钠〉

小麦粉を蒸かした菓子類を作るときなど、ベーキングパウダーだと黄色く色が変わってしまうときは、この重曹を使うと変色せずに作れます。

 

重曹を溶かした湯で豆腐を茹でるとトロトロなめらかになったり、野菜の灰汁抜きをしたり。

食品添加物として売られているものなら、食品から掃除まで幅広く使えるので便利です。

 

パッケージには重曹5%濃度の水に野菜や果物を3分間浸すと残留農薬が除去出来ると書いてあります。

掃除に使うときは20%濃度だそうです。

 

268g入り4.5元でした。

 

 

 

トイレ洗浄剤

中国のトイレ、洗浄はレバーではなくボタンのようで、

家のはこんな感じ f:id:rcafe:20170322083856j:image

タンクの真上にボタンが付いてます。

レバーより楽だから日本の自宅のトイレもこれにしたいと思ってしまう。

 

タンク上部に水が流れないので、

置き型トイレ洗浄剤は使えない。

吊り下げタイプかタンクの中に入れるタイプが良いと思います。

 

引っ越し当初は中国の洗浄剤(水色は青)が入っていましたが、洗浄剤自体の匂いが強かったので、

私は日本から吊り下げタイプのものを持ち込んで使っています。

 

引っ越し先のトイレがレバーかボタンか分からないときは、どちらでも使えるタンクの中に入れるタイプが良いでしょう。