南通市に住む

南通引っ越し時、現地調達出来る物が分からず私自身が悩んだので、(価格交渉など言葉のやり取り無しに)スーパーで買えるものなどを紹介しています。

スープ調味料

良く使われているのはコンソメや鶏ガラスープの素などでしょうか。

 

AJINOMOTOが有り、コンソメや鶏ガラスープの素は製造されているようですが、こちらのスーパーでは見かけません。

他社製品で野菜スープの素らしきものや「鸡精」という チキンスープの素は売られています。

鸡精は鶏を皮付きのまま丸ごと煮込んだような味がします。

鶏ガラスープとはまた違う風味です。

これらの調味料で無添加のものはいまだ発見できていません。

クノールのスープの種類は豊富。

 

因みにAJINOMOTOの「味の素」はどこにでも売られています。 他社製は「味精」。

 

 

時間があるならば、手作りでスープを作ることができます。

鶏は部位毎はもちろん、丸ごと(日本と違い本当に丸ごと頭まで付いて)も売られていますし、 豚も豚骨を始め足やら耳やら皮なども余すとこなく 売られているので、

鶏ガラスープも豚骨スープも手軽に手作り出来ます。

野菜はビックリするほど安いので、作ろうと思えばコンソメスープも作れそうです。

 

広告を非表示にする

酢とお味噌

料理の基本

「さしすせそ」

残るは「す」と「そ」でした。

 

 【酢】

中国の酢ですぐに思いつくのが「香醋」や「黒酢」。

スーパーに行くと何が同違うのか分からない程たくさんあります。

 

日本人に馴染みがあるのは穀物酢と米酢でしょうか。

 

それにあたるのがこちらでは 「白醋」かなと思います。

日本料理の 「白酢(シラズ)」とは違います。

 米醋や白醋の表示が無色透明なお酢。

 


f:id:rcafe:20170303145655j:imageその他ホワイトビネガーなども有りますので、和洋中何でも作ることができます。


f:id:rcafe:20170309005416j:image3/8追加。 無添加リンゴ酢。

バーモントドリンクで飲んでます。

 

 

  【味噌】

 

中国にも「黄豆酱」と有るので、これが日本の味噌にあたるのか。

試してみようと思うのですが、近所のスーパーで売られているものは、原料に小麦粉や砂糖など、他に添加物も入っているので、いまだに試せていません。

他のお店も回ってみて、良さそうなものが有れば試します。

 

 こちらで良く見る日本の味噌はマルコメ味噌。

だし入りの袋のものが多いです。

四角いパックに入っているものも、置いてあるお店も有ります。

無添加味噌は見たことがないので、

気になる方は日本から持ち込むと良いですね。

 

味噌を手作りしようかと考えましたが、

麹の入手が困難そうなので、納豆止まりかな。

 

 

 

 

広告を非表示にする

 報道の真偽は不明です。

中国の油。

 

来る前は不安で、日本の油を持ってきました。

が、使えばなくなります。

どうしたって中国で買わなくてはいけなくなるんです。

 

こちらで初めて買った 油は、大豆油だったのですが、よく見たら添加物が入っていました。

 

次に買った油は、コーン油。

こちらは無添加

 

私が日本から持ってきた油とこのコーン油の両方で揚げたドーナツ。

翌日に油の臭みが無かったのは、中国で買った油で揚げた方でした。

 

 コーン油とごま油を混ぜて海苔を揚げて塩をふったら、韓国海苔風味の海苔が出来ますよ。簡単なご飯のお供の出来上がり。

 

ごま油も、爽やかで サラッとしていて臭みのないものが有ります。

 

その他、菜種、向日葵、olive、紅花… 他

たくさん種類が有るので、わざわざ持ち込む必要は、ありませんね。

 

広告を非表示にする

ポット型浄水器

 引っ越し前に、中国移住経験者の「水が体に合わなくて…」という話をチラホラ聞いていました。

 

水が合う合わないって硬度が合う合わないという事なのかとも思います。

以前日本で流行った硬水ダイエットで、体に合わなくて 体調を崩す人も居ましたし。

中国の引っ越しが決まったら、引っ越し前に試しに硬水で生活してみると良いかもしれませんね。

 

 南通の水道水は、各家の水道管の新旧にも影響されるとは思いますが、キレイな透明とはいえません。

ここでもやはり大家さんに交渉で、出来ることならばキッチンに浄水器をつけて貰うと良いと思います。

それが叶わなければ、

・ミネラルウォーターを購入して使う 。

ウォーターサーバーを設置する。

・ポット型浄水器を使う。

のどれかでしょうか。

 

スーパーでは、どこに行ってもBRITAのポット型浄水器が売られています。むしろほぼBRITAです。

本体の価格は298元前後で購入出来るようです。

カートリッジの価格は250元前後だったような…あやふやですが、もちろん購入可能。

 

 事前にBRITA推しと分かっていればカートリッジの入手容易なBRITAにしていたのにな。

 

参考として、

私はPanasonicのポット型浄水器を使用しております。

使用期間は1日2リットルの浄水で約4ヶ月となっています。

料理や食事に使用すると、1日4~5Lの浄水量です。

なので、カートリッジ交換は2ヶ月に一度ですね。

広告を非表示にする

イオンモール

 今年の秋に南通にもイオンモールが出来るのです。

 

先日、近くを通りましたがとにかく大きかった。

 

イオンモール南通星湖

場所は開発区の星湖大道

駐車場は約2800台 だそう。

 

日本のイオンカード使えるかな。

 

オープンが楽しみです。

広告を非表示にする

トマトケチャップとウスターソース

私はカゴメのトマトケチャップが好きなのですが、

南通には無さそうなので
f:id:rcafe:20170301133220j:imageハインツを購入してみました。

 

キッコーマンの醤油はあってもデルモンテケチャップは見かけない。

とにかくハインツ推しの様です。

 

そして、ウスターソースや中濃ソースも見かけない。(オイスターソースなどに紛れて陳列されているのに気づいていないだけかも知れませんが。)

 

ただ、南大街沿い文峰大世界の中の千家恵でオタフクソースの「お好みソース 」は売っていました。

 

 「リーペリンソース」という名称でなら有るかもしれないので、今度探してみたいと思います。

 

北京にブルドックソースの会社があるようなので、きっとどこかにブルドックソースが売っているはず。南通に流通してるのか不明。

 

 

 

洗面系

 【歯ブラシ】

 

中国の歯ブラシは日本の歯ブラシに比べるとヘッドが2~3倍も大きいのです。

 

顎の大きい方は良いかも知れません。

 

日本製は購入可能。ただ、お値段がやはり高い。 エビスの歯ブラシでさえ40元前後。

デンターシステマやクリニカは50元前後。

 

他の色んな国の歯ブラシもありますが、やはり日本製は毛先が揃っていて作りもキレイです。

ちなみにフロスは日本と同じ大きさです。

 

 

【歯磨き粉】 

日本製クリニカやデンターは値段が40元前後。

 現地の歯磨き粉は種類も沢山有ります。

 

 

【シャンプー&コンディショナー】

日本でもよく見るパンテーン、ラックス、ダブ、ヴィダルサスーンなど、世界で販売されているものは、原料が同じかは分かりませんが購入可能。

ユニリーバ製品は一通りある気がします。

日本製品も数種類有。

 

 

【ボディソープ】

 SP&CD同様ダブ、ラックスなど多数。

 

石鹸の種類はたくさん有るので、色々試してみるしか無さそうです。

 

 

洗顔料など】

米ぬか美人、イソフラボンなど日本製は98元前後だったような。

 決まった物を 使用している場合は、やはり必要数持ち込んだ方が安心です。

 

男性のシェービングはジレットシリーズが目立ち、シェービングフォーム(小10元、大16元程だったと思います。)もセットで購入可能。 シックもほんの少しだけ種類がありました。

 シェーバーはフィリップスが目立ちます。

 

【ハンドソープ】

キレイキレイ泡ソープは本体ボトルでのみ。

日本の販売会社でベトナム製造のハンドソープも良く見かけます。

 

 

 

ドライヤーなど、日本の家電を使う場合は電圧の確認が必要です。

中国は220Vなので、対応機種でない場合は変圧器を使う必要があります。

f:id:rcafe:20170228093613j:imageコンセントの形。

家によって変わるかも知れませんが、こちらの場合、プラグ形状A,B,C,Oが使えそうです。

広告を非表示にする

食器洗剤・クレンザー

私が日本から持って来た食器洗剤は、天然成分でしたが、油汚れに弱く、結局悪いコスパで 終了しました。

 

そして、現地で購入したのが
f:id:rcafe:20170227121717j:imageこちら。超能。500ml,5.5元。

レモンの香りのは5.6元。

 少量でも高洗浄力。

 

日本の食器洗剤を3.5kgも持ち込んだけれども、必要無かった。

 

 

 逆に日本から持ってきておけば良かったと思ったのが、食器具にも使えるクレンザー。

 

フライパンの裏を洗いたくて探していて、

見た目で購入してしまったのがこれ

f:id:rcafe:20170227125132j:image姿形も日本のクリームクレンザー(ジフ)と同じ!ユニリーバで16元位だったかと。

 

買って帰ってから説明を読んだら、

食器具には適さないって書いてある!

非常に残念でした。

 

 こちらでは食器具に使えるクレンザーはなかなか見つかりません(見つけられないだけかも知れませんが)。

 

輸入品であれば日本のクレンザー購入出来ます。価格は日本の約4~5倍です。

 

なので、引っ越し荷物に一つ、入れてくれば良かったなと思うものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂糖・塩 (3/19画像追加)

まずは砂糖。

 

スーパーで氷砂糖の多さに驚きました。

色んな味が有るのです。梨味とか。

 

日本でいう上白糖にあたるのは、

f:id:rcafe:20170227112516j:image綿白糖です。 8.8元。

 

その中でも粒の荒いもの丸いもの細かいものなど各種違いがあります。

 

通常の[白糖]とだけ書いてある物は、

日本のグラニュー糖にあたります。

 

他にも、赤糖や黒糖、角砂糖などもあります。

f:id:rcafe:20170319224840j:image3/19追加。1kg入,10.9元。

 

 

 

続いて塩。

私は塩に悩みました。

 裏の 表示を見て、なるべく少ない原料を使っている物を探しました。

f:id:rcafe:20170227113522j:image f:id:rcafe:20170227113720j:image

今回はこの塩を購入してみました。

値段は2.5元。

他にも何やら色んな物が配合されている塩が沢山ありました。

 

食用の塩と一緒に、野菜を洗うための塩も売られているので、気を付けなければなりません。

 

塩味という分類でいえば、もう一つの調味料に、[魚醤]があります。

 

中国では 魚露。

ベトナムでは ニョクマム

タイでは ナンプラー

 

今のところ魚露とナンプラーは確認できています。

 

こちらも一つ有ると料理の幅が広がりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



和風ダシ

お味噌汁や煮物など和食に欲しいダシ汁。

私は顆粒だしではなく出汁パックを使っています。
f:id:rcafe:20170223112222j:image煮出すだけ。

これは日本から持ってきたもの。

 

 顆粒だし は南通市圆融购物中心の中の金鷹超市と言うスーパーで、ヒガシマルの顆粒だしがあったと思います。

 

不確実な情報ですが、人民中路沿いの京扬颐高数码广场の中のスーパーなら、日本の輸入食材が少し売っているので、和風顆粒だしも 有るかもしれません。

(確認出来次第訂正します。)

 

南通のスーパーは短期間で売り場や取扱い商品が変わるので、今日有ったとしても次回有るという保証は出来ません。

 

和風顆粒だしや出汁パックなど、日本独自の調味料に関しては必要数持ち込むと安心だと思います。

 

昆布や椎茸は生が販売されていますので、

それらで出汁をとることは可能だと思いますが、煮干しや鰹節はまだ見かけていません。

本格的に出汁をとるのは材料の調達が難しそうです。

 

 

 

 

広告を非表示にする

IKEA

 南通にもIKEAが出来るようです。

f:id:rcafe:20170223091427j:image場所は江蘇省南通市港闸区北路外環788号辺り。

江海大道と黄海路の交差点 だったと記憶しています。

南通中心部 からは少し離れています。

 

この春オープンと書いてあったので、

 オープンしたら行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

掃除機の紙パック

私が持ってきて良かった物の一つは

掃除機の紙パック。

 

家に用意されていた掃除機はSANYO。

ONOFFスイッチのみのタイプで柄の長さ調節も出来ないもの。

 

そして、紙パックではなくて、

布袋とでもいいましょうか
f:id:rcafe:20170221142055j:image筒状になっており、スライドクリップで留める作り。

 

  ゴミが溜まったら、クリップを外して、中のゴミを出し、洗って、干して、また使う。

布なので、中でゴミが引っかかっています。

 

そこで、日本の掃除機用紙パックです。

全メーカー対応の物であれば大丈夫だと思います。

南通で掃除機の使い捨て紙パックが買えるかどうかは今の所不明です。(確認してないので‥)

 使う掃除機が、布袋なのか、サイクロンなのか、引っ越し前に要確認ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

衛生紙 (3/22更新)

引っ越し当日にだって必要になるトイレットペーパー。

スーツケースに一つ入れて来たら安心です。

もちろんどこでも手に入ります。

種類もたくさんあるので選べます。
f:id:rcafe:20170221104159j:image平たい包装。


f:id:rcafe:20170221104237j:image中は更に個包装。

3層100mm×110mm  270段/巻。

12巻入り約33元。

紙質はしっかりしていますが、再生紙ではないので柔らかめ。

 

 パッケージのままで紙質を想像するのは日本のパッケージより難易。

 

 

ティッシュはこんな感じ

f:id:rcafe:20170221105051j:imageコンパクトなビニール包装。

 二種とも2層180組。

 

 この幅が一般的ですが、

日本と同じ長さのものや、箱入りのもの、

保湿ティッシュなどもあり、 南通でも容易に入手出来ます。

 

その他ウェットティッシュや赤ちゃんのお尻拭きなども有ります。

 

 3/22追加。

f:id:rcafe:20170322080724j:image f:id:rcafe:20170322081522j:imageトイレットペーパー

3層で一節の長さが114mm、360節/巻。

10巻入り約36元。柔らかめ。

 


f:id:rcafe:20170322082245j:imageティッシュペーパー

3層120組 6個パック約13元。

さすがに3層だと厚くしっかりしている。

再生紙ではないので固くはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

醤油 (3/20更新)

中国で醤油はどれを選んだら良いのか…

種類が多すぎて悩みました。

 

輸入品でも一般的な塩辛い醤油と甘い醤油のざっくり二種類が輸入されているので、原料の確認は必須です。

 

日本の醤油に似ているものを見つけたので購入。

 f:id:rcafe:20170220233722j:image有名ブランドの無添加醤油。


f:id:rcafe:20170220233749j:image日本の一般的な醤油と同じ原料です。なので味も。

f:id:rcafe:20170220233845j:image

日本から持ち込んだ醤油との色比較。

価格は19元。

 

このシリーズは他に減塩と有機大豆のものが有りました。

有機大豆はこの時26元。

 

常に取り扱っているかは不明ですが、

 ・欧尚超市(永興店、南通工農店)

・大润发(任港店)

などに有りました。

 

 

・めんつゆに似たものがあるかは不明。

発見次第紹介します。

 

・ポン酢のように檸檬入りの醤油も有ります。

 

 

現地の味に馴染めなければ、

輸入品で日本製のものは購入出来ます。

 

3/20追加


f:id:rcafe:20170320160148j:image f:id:rcafe:20170320160221j:image  六月鮮という醤油f:id:rcafe:20170320160202j:image

原料は4つ。500mlで15.5元でした。

 

私個人的には上の「醇味鮮」の方が臭みがなくて好きです。

「六月鮮」はお刺身を連想しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

卵(8/2更新)

料理、お菓子作りに欠かせない卵。

各種沢山売ってます。

始めの頃コワくて買うのを躊躇していたのですが、やはり私には必要なので、意を決して購入。

 
f:id:rcafe:20170220115307j:image 毎回、千家恵というスーパーで購入してます。

虹橋路と工農南路の交差点の 文峰城市広場の地下一階。

 

黄身の色はオレンジ色、こんもりと 盛り上がっており、黄身を箸でつかんで持ち上げても割れない。

f:id:rcafe:20170810005322j:image

すき焼きの時でもこの卵。

f:id:rcafe:20170220120804j:image

 皆がコワがる卵。

もちろん何があっても自己責任ですが、

私には、この卵が合うようです。

 

8/2(更新)

f:id:rcafe:20170731212348j:image

初めて違う卵を購入してみる。
10個で13元程。

f:id:rcafe:20170731212621j:image

f:id:rcafe:20170731212816j:image

黄身の色は薄く盛り上がっていない。
箸で掴んで持ち上げることはできる。
しかし、色が薄すぎて玉子焼きを作っても白い仕上がりで残念。

 

 

 

 

広告を非表示にする