南通市で自炊

日常のブログではなく、生活品などの情報を私が知り得る範囲で記しています。南通に引越す際の事前情報に役立てば幸いです。

食器洗剤・クレンザー

私が日本から持って来た食器洗剤は、天然成分でしたが、油汚れに弱く、結局悪いコスパで 終了しました。

 

そして、現地で購入したのが
f:id:rcafe:20170227121717j:imageこちら。超能。500ml,5.5元。

レモンの香りのは5.6元。

 少量でも高洗浄力。

 

日本の食器洗剤を3.5kgも持ち込んだけれども、必要無かった。

 

 

 逆に日本から持ってきておけば良かったと思ったのが、食器具にも使えるクレンザー。

 

フライパンの裏を洗いたくて探していて、

見た目で購入してしまったのがこれ

f:id:rcafe:20170227125132j:image姿形も日本のクリームクレンザー(ジフ)と同じ!ユニリーバで16元位だったかと。

 

買って帰ってから説明を読んだら、

食器具には適さないって書いてある!

非常に残念でした。

 

 こちらでは食器具に使えるクレンザーはなかなか見つかりません(見つけられないだけかも知れませんが)。

 

輸入品であれば日本のクレンザー購入出来ます。価格は日本の約4~5倍です。

 

なので、引っ越し荷物に一つ、入れてくれば良かったなと思うものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂糖・塩 (3/19画像追加)

まずは砂糖。

 

スーパーで氷砂糖の多さに驚きました。

色んな味が有るのです。梨味とか。

 

日本でいう上白糖にあたるのは、

f:id:rcafe:20170227112516j:image綿白糖です。 8.8元。

 

その中でも粒の荒いもの丸いもの細かいものなど各種違いがあります。

 

通常の[白糖]とだけ書いてある物は、

日本のグラニュー糖にあたります。

 

他にも、赤糖や黒糖、角砂糖などもあります。

f:id:rcafe:20170319224840j:image3/19追加。1kg入,10.9元。

 

 

 

続いて塩。

私は塩に悩みました。

 裏の 表示を見て、なるべく少ない原料を使っている物を探しました。

f:id:rcafe:20170227113522j:image f:id:rcafe:20170227113720j:image

今回はこの塩を購入してみました。

値段は2.5元。

他にも何やら色んな物が配合されている塩が沢山ありました。

 

食用の塩と一緒に、野菜を洗うための塩も売られているので、気を付けなければなりません。

 

塩味という分類でいえば、もう一つの調味料に、[魚醤]があります。

 

中国では 魚露。

ベトナムでは ニョクマム

タイでは ナンプラー

 

今のところ魚露とナンプラーは確認できています。

 

こちらも一つ有ると料理の幅が広がりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



和風ダシ

お味噌汁や煮物など和食に欲しいダシ汁。

私は顆粒だしではなく出汁パックを使っています。
f:id:rcafe:20170223112222j:image煮出すだけ。

これは日本から持ってきたもの。

 

 顆粒だし は南通市圆融购物中心の中の金鷹超市と言うスーパーで、ヒガシマルの顆粒だしがあったと思います。

 

不確実な情報ですが、人民中路沿いの京扬颐高数码广场の中のスーパーなら、日本の輸入食材が少し売っているので、和風顆粒だしも 有るかもしれません。

(確認出来次第訂正します。)

 

南通のスーパーは短期間で売り場や取扱い商品が変わるので、今日有ったとしても次回有るという保証は出来ません。

 

和風顆粒だしや出汁パックなど、日本独自の調味料に関しては必要数持ち込むと安心だと思います。

 

昆布や椎茸は生が販売されていますので、

それらで出汁をとることは可能だと思いますが、煮干しや鰹節はまだ見かけていません。

本格的に出汁をとるのは材料の調達が難しそうです。

 

 

 

 

IKEA

 南通にもIKEAが出来るようです。

f:id:rcafe:20170223091427j:image場所は江蘇省南通市港闸区北路外環788号辺り。

江海大道と黄海路の交差点 だったと記憶しています。

南通中心部 からは少し離れています。

 

この春オープンと書いてあったので、

 オープンしたら行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

掃除機の紙パック

私が持ってきて良かった物の一つは

掃除機の紙パック。

 

家に用意されていた掃除機はSANYO。

ONOFFスイッチのみのタイプで柄の長さ調節も出来ないもの。

 

そして、紙パックではなくて、

布袋とでもいいましょうか
f:id:rcafe:20170221142055j:image筒状になっており、スライドクリップで留める作り。

 

  ゴミが溜まったら、クリップを外して、中のゴミを出し、洗って、干して、また使う。

布なので、中でゴミが引っかかっています。

 

そこで、日本の掃除機用紙パックです。

全メーカー対応の物であれば大丈夫だと思います。

南通で掃除機の使い捨て紙パックが買えるかどうかは今の所不明です。(確認してないので‥)

 使う掃除機が、布袋なのか、サイクロンなのか、引っ越し前に要確認ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衛生紙 (3/22更新)

引っ越し当日にだって必要になるトイレットペーパー。

スーツケースに一つ入れて来たら安心です。

もちろんどこでも手に入ります。

種類もたくさんあるので選べます。
f:id:rcafe:20170221104159j:image平たい包装。


f:id:rcafe:20170221104237j:image中は更に個包装。

3層100mm×110mm  270段/巻。

12巻入り約33元。

紙質はしっかりしていますが、再生紙ではないので柔らかめ。

 

 パッケージのままで紙質を想像するのは日本のパッケージより難易。

 

 

ティッシュはこんな感じ

f:id:rcafe:20170221105051j:imageコンパクトなビニール包装。

 二種とも2層180組。

 

 この幅が一般的ですが、

日本と同じ長さのものや、箱入りのもの、

保湿ティッシュなどもあり、 南通でも容易に入手出来ます。

 

その他ウェットティッシュや赤ちゃんのお尻拭きなども有ります。

 

 3/22追加。

f:id:rcafe:20170322080724j:image f:id:rcafe:20170322081522j:imageトイレットペーパー

3層で一節の長さが114mm、360節/巻。

10巻入り約36元。柔らかめ。

 


f:id:rcafe:20170322082245j:imageティッシュペーパー

3層120組 6個パック約13元。

さすがに3層だと厚くしっかりしている。

再生紙ではないので固くはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

醤油 (3/20更新)

中国で醤油はどれを選んだら良いのか…

種類が多すぎて悩みました。

 

輸入品でも一般的な塩辛い醤油と甘い醤油のざっくり二種類が輸入されているので、原料の確認は必須です。

 

日本の醤油に似ているものを見つけたので購入。

 f:id:rcafe:20170220233722j:image有名ブランドの無添加醤油。


f:id:rcafe:20170220233749j:image日本の一般的な醤油と同じ原料です。なので味も。

f:id:rcafe:20170220233845j:image

日本から持ち込んだ醤油との色比較。

価格は19元。

 

このシリーズは他に減塩と有機大豆のものが有りました。

有機大豆はこの時26元。

 

常に取り扱っているかは不明ですが、

 ・欧尚超市(永興店、南通工農店)

・大润发(任港店)

などに有りました。

 

 

・めんつゆに似たものがあるかは不明。

発見次第紹介します。

 

・ポン酢のように檸檬入りの醤油も有ります。

 

 

現地の味に馴染めなければ、

輸入品で日本製のものは購入出来ます。

 

3/20追加


f:id:rcafe:20170320160148j:image f:id:rcafe:20170320160221j:image  六月鮮という醤油f:id:rcafe:20170320160202j:image

原料は4つ。500mlで15.5元でした。

 

私個人的には上の「醇味鮮」の方が臭みがなくて好きです。

「六月鮮」はお刺身を連想しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理、お菓子作りに欠かせない卵。

各種沢山売ってます。

始めの頃コワくて買うのを躊躇していたのですが、やはり私には必要なので、意を決して購入。

 
f:id:rcafe:20170220115307j:image 毎回、千家恵というスーパーで購入してます。

虹橋路と工農南路の交差点の 文峰城市広場の地下一階。

 

黄身の色は濃く、こんもりと 盛り上がっており、黄身を箸でつかんで持ち上げられます。

すき焼きの時でもこの卵。

f:id:rcafe:20170220120804j:image

 皆がコワがる卵。

もちろん何があっても自己責任ですが、

私には、この卵が合うようです。

 

 

 

 

洗濯機クリーナー

中国では、賃貸マンションに家具家電付きが普通らしいです。

と、いうことは、 使い回しになる確率が高い。

契約の時に、そのあたりきちんと確認しておくのが良いかと思います。

 

 大家さんに新しい洗濯機に交換してと交渉しましたが、替えたばかりだと却下。

 入居後に、替えたばかりでは無かった事が明らかになりましたけどね。

時間の感覚は個人の感覚なので何も言えません。

 

そこで、気になる方は洗濯機クリーナーですよ。

 私はこれも飛行機の受託手荷物で没収…

 日本のドラッグストアで粉か液体かで悩み、 除菌力で液体を選んでしまった。

パッケージ剥がしておけば良かった‥

そういう問題ではないが…

ちなみに船便のはちゃんと届きました。

 

 事前にこんな情報欲しかった。

f:id:rcafe:20170220110602j:imageそう。有るんですよ。


f:id:rcafe:20170220110745j:image除菌力、洗浄力は信じる事にしています。

値段控えて無いので安かったとしか。

でもちゃんとモコモコの泡が立ちます。

 

洗濯物に合わせて水の温度をcold、30℃、40℃、60℃、極めつけは90℃の高温で洗える洗濯機。

f:id:rcafe:20170220112905j:imageこの機能日本のにも欲しい。

クリーナー使うときは40℃を選択です。

 

 

購入場所

洗濯機クリーナー:卜蜂莲花(工农南路店)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣料用洗剤

中国の衣料用洗剤事情が不明だった私。

 引っ越し後直ぐに必要になる衣料用洗剤の本体ボトル、色物漂白剤の本体ボトルは預け入れ手荷物の中。

詰め替えは船便の荷物と一緒に送りました。

 

そして案の定、航空液体物で色物漂白剤が引っかかり、没収。

 あわよくば…なんて考えは持ってはいけませんね。

後日船便の詰め替えだけが無事届く‥

 

洗剤は重たいので、出来れば現地で入手したいアイテム。

 洗えればなんでも良いのなら、粉も液体も色々有ります。色物漂白剤も。

 

その中でもやはり見覚えのある洗剤を見つけたときにはなんだかホッとしてしました。

 

それが
f:id:rcafe:20170219225446j:imageP&Gのアリエール 約30元

 

その後

f:id:rcafe:20170219225535j:image花王のアタックも発見。約28元

 

迷わず購入。

文字が読めなくても絵柄で購入。

 

P&Gさんも、花王さんも、(中身は分かりませんが)同じパッケージで作っていてくれてありがとう!

と、伝えたい。

 

 

購入場所

アリエール:乐天玛特(南通店)

アタック :欧尚超市(南通工農店)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マヨネーズ

サラダはもちろん、漬け込みや炒め物などにも幅広く使えるマヨネーズ。

 

キューピーさんのマヨネーズがちゃんと有るので安心です。


f:id:rcafe:20170219211718j:imageこちらは17元ほど。

 

瓶やチューブだったり、日本ではお弁当用で見るようなパウチ‥の大きいものだったり。

色々なパッケージで販売されています。

 

マヨネーズが手に入らなければ手作りするしかないと思っていたので、とても助かりました。

 

カロリーハーフの有無は不明ですが、

味のバリエーションはいくつか有りました。

 

 
f:id:rcafe:20170318155607j:image 画像追加。3/18現在15元でした。

 

 

 

 

 

お米

なくてはならないお米。

 

東北米は割と普通に食べられるよと聞いて、

北の産地ほど良いのかなと、スーパーで一生懸命探して買ってはみたものの…

そういうことでは無かったようです。

 

こちらで売っているお米は、 パッケージは同じでも、中身の産地がそれぞれ 有るようで、

購入時は、【生産日(数字)】括弧内の数字が産地コードなので、袋の裏の産地一覧の番号に照らし合わせて確認する仕組み。

f:id:rcafe:20170217104715j:imageこちらは番号が(101)でしたので、


f:id:rcafe:20170217105417j:image裏で確認すると江蘇省のお米。

 

数あるお米は色々食べて自分に合うものを見つけるしかありません。

値段や産地に惑わされてはいけません。

 

 f:id:rcafe:20170217110030j:image上記パッケージの水晶米は粒はこんな感じ。

 日本式の管理が採用されていると書いてあります。

 

パッケージには美味しく炊く方法が書いてありますが、

個人的には、日本で一般的に推奨されている方法で炊く方が合いました。

 

どのお米を買っても感じるのは、粒の水分含有量が少ないので、普通に炊くとパラパラしたご飯が出来上がります。

チャーハンやピラフが上手に作れるという点ではメリット。

お好みで炊くときの工夫は必要になるでしょう。

 

うちでは毎回お鍋で炊いていますが、

日本の高性能な炊飯器が有れば、

お米の粘りを引き出して炊くモードが有るはずなので、炊飯器の性能を存分に楽しめるのではないかと思います。

 

価格ですが、

5kgで20元前後から、30-50元程度の商品が多く並んでいると感じます。

いずれも日本より安いので、家計に優しいです。

 

あとは、量り売りもあります。

大きな台にむき出しのお米が大量に入っており、自分の好きな量だけ袋に詰めて購入出来ます。

日本ではまず見られない販売方法なので、

初めて見たときは驚きました。

 

3/16追加

113江苏省盐城市のお米

f:id:rcafe:20170316121850j:image今まで食べた中で一番日本のお米に近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珈琲

南通でレギュラー珈琲は手に入らないなんて間違った情報を得ていた私は、

4-5 kg位持ち込みました。

が、節約しながら飲んでいてもすぐに在庫は切れました。

 

でもちゃんとレギュラー珈琲手に入りました。


f:id:rcafe:20170216114338j:imageこれは欧尚というスーパーのPB

ロブスタ珈琲と書いてあります。

1kg で90元程度。

 

ちなみに、

LAVAZZAの珈琲豆も、このお店では250g45元位で置いてありました。

次回こちらも試してみようと思います。

 

あらかじめ挽いてあるレギュラーコーヒーも売っていますが、私が試したのもは極細挽きでした。うちはペーパードリップなので、やはり豆を自分で挽いた方が良いみたいです。

 

インスタント珈琲ももちろん購入出来ます。売場を見てびっくり したのが、地元のモカ珈琲がズラーッと並んでいました。

イチオシのようです。

 

スティックコーヒー系には、カプチーノや白珈琲など。各種あります。

とっても甘い調味です。

疲れた時や甘い物が欲しい時に良いですね。

中国ネスレやキャンディでお馴染みのコピコのものなど、色々有ります。

 

あ、コーヒーフィルターも大丈夫!

UCCの日本製のフィルターも有るんです。

 

珈琲好きな人も安心です。

 

 

 ・欧尚超市(南通工农店)

 工農南路×桃园路の辺り。

 中南城购物中心地下一階。

・欧尚超市(永兴店)

 江盛路×深南路の 辺り。

 

上記二店確認済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味醂

中国南通に引っ越す前に色々調べて、

色んな方のブログが参考になったことは言うまでもなく。

ただ、私の一番心配な自炊のための情報が満足に得られなかったので、念の為にとスーツケースパンパンに最低限の食材や調味料を持ち込んだのです。

 

しばらく住んでいると、

ほとんど大丈夫な事に気がつきます。

 

まずは 【みりん】

 日本のみりんも売ってますが、高いです。

ここでは、日本製の食材を買おうとすると、

日本の平均的な値段の約4 倍します。

 

なるべく現地(南通市)の食材で生活をしているので、無いなら無いなりに、です。

 

みりんは大丈夫。


f:id:rcafe:20170215115404j:image中国には黄酒なるものがあります。
f:id:rcafe:20170215115822j:image日本のみりんから 甘みを抜いた味。

 

 砂糖を使えばみりんの様に、

そのまま使えば 調理酒として。

便利に使えます。

 

このみりんのキャップ一杯が約大匙1杯だったのが後日分かったので追記しておきます。